バルコニー・ベランダからの雨漏り発生原因と解決策、補修方法

バルコニー・ベランダの点検・補修はお早めに

 

お住まいには洗濯物の物干し場としてベランダやバルコニーが設けられているケースが多いことと思います。室内には置けないエアコンの室外機や、場合によっては収納スペースとして活用したり植物を育てたりと、多目的に活用されている方も多いのではないでしょうか。しかしこのベランダやバルコニー、直接雨水が吹き込むことも多くお住まいの中でも雨漏り原因となりやすい箇所と言うことはご存知でしたでしょうか?


ベランダもバルコニーも外壁から飛び出た形で屋外に設計されているため、雨の影響を多分に受けやすい設計となってしまっているのです。


そもそも「ベランダ」「バルコニー」という呼称がありますがその違いを皆様はご存じでいらっしゃいますでしょうか。ベランダとバルコニーの違いはその上に屋根があるか無いかで呼称が分かれています。

皆様がベランダと呼んでいる中のほとんどは屋根の無いバルコニーであることが多く、雨漏りの被害に見舞われるのもバルコニーの方が圧倒的に多いのが実状です。当ページではベランダも含めた呼称として「バルコニー」の造りや形状、そして肝心な雨漏りの発生原因と解決策についてご紹介いたします。


「バルコニー下の寝室天井から雨漏りが始まってしまった・・・」

「バルコニーで洗濯物を干していたら床に傷がついていた。これって雨漏りの原因となる?」

などバルコニーからの雨漏りについて心当たりや不安がある方のご参考になれば幸いです。


バルコニーが雨漏りを引き起こしやすい理由とは?

雨漏りといえば「屋根から」という印象が強いという方が多いのではないでしょうか?

真っ先に雨を受け止める屋根はお住まいの中でも最も雨漏りが発生しやすい箇所であることは間違いありません。それ以外にも外壁からもあり得ますし、窓サッシからもあり得るのが雨漏りで、実は建物のどこからでも起こり得るのが雨漏りの特性です。


もちろんバルコニーも例外ではありません。

お住まいのバルコニーは、掃き出し窓から出たところに床があり、皆さんも物干しのスペースとして使用されていらっしゃるのではないでしょうか。物干しに使用するケースが多いことから南側を向いた面にあることが非常に多く、その他にもエアコンの室外機を置いているというお住まいも多いのではないでしょうか。


屋根がないのがバルコニー、屋根があるのがベランダ

冒頭でもご説明しましたが、バルコニーはベランダと違って上部に屋根がありません。そのため以下のような特徴がみられます。

雨が降った際にバルコニー全体が雨水に晒されてしまう

南側に面していることから太陽の熱や紫外線に晒されやすい

先述で雨漏りはお住まいのどこからでも起こり得るというお話をしましたが、雨水に晒されやすいというバルコニーの特徴から、屋根や外壁同様、バルコニーも雨漏りが非常に発生しやすい環境にあるということがわかりますね。


また、雨漏りは使用されている建築資材の劣化と深く関係しており、新築時に何も不具合が無かったのに年月が経過して雨漏りが始まったといったときなどは、建築資材の劣化が原因となっていることが少なくありません。つまりバルコニーはその環境自体が雨漏りと隣り合わせの環境であり、雨漏りが起きやすい箇所と言えるのです。

バルコニーの種類について知っておこう

一言でバルコニーと言っても、構造によっていくつかの種類があることはご存知でしたでしょうか。ここではバルコニーの種類について見てみましょう。
キャンチバルコニーとは外壁から外側に突き出ている(片持ち構造)タイプのバルコニーで、その下には建物(お部屋)が存在しない構造となっています。

キャンチバルコニーは下に建物(お部屋)が存在しない構造
ルーフ(屋根)という単語の付いたルーフバルコニーとは1階部分の屋根代わりにもなっているタイプのバルコニーです。従ってバルコニーの下には1階の建物(お部屋)が存在します。

ルーフバルコニーは下に建物(お部屋)が存在する構造です

上記以外にもインナーバルコニーや後付けバルコニーなど様々な種類のバルコニーが存在しますが、一般住宅で代表的なバルコニーと言えばキャンチバルコニーとルーフバルコニーになります。


どちらかというとキャンチバルコニーの方が多いのですが、その中でも外壁からの出幅が1m以内のキャンチバルコニーが9割以上を占めます。その理由は建蔽率(けんぺいりつ)と関係しており1m以上の出幅があると1mを超えた部分は建築面積として算入することになるためです。敷地面積に対して建物の床面積の上限は決まっており、床面積は建築面積にも影響しますので、出幅が1mを超えた部分が多いと、お部屋の広さにも影響してしまうのです。そのためお部屋の広さに影響が出ない1m以内のキャンチバルコニーが圧倒的に多いのです。


バルコニーの構成

私たちが普段屋根を見上げて目に入るものと言えば「屋根材」や取り付けられている「板金部材」、外壁であれば表面の「外壁材」ですよね。


しかしバルコニーには防水層である「床(ルーフバルコニーでは屋根の役割も持ちます)」や囲いとなっている「外壁や手すり壁」、そのほかにも「笠木」など目に見える範囲の表層にはたくさんの材料が使用されていますね。ここでは具体的にどのような建築材料が使用されているかご紹介いたします。後述で解説する雨漏り原因と解決策を確実にご理解いただくためにも見ていきましょう。

バルコニーの画像

キャンチバルコニーなら床だけの役割ですがルーフバルコニーではバルコニーの床でもあり、その下にある建物(お部屋)に対する屋根としての役割も持ち合わせています

造りとしては、当然ですが人が乗ったり歩いたりするため建物の一部としてしっかりとした構造を持っている必要があります。


またアルミサッシで造られている後付けバルコニー以外では、床に必ず防水層が造られており、雨水によって建物や建築資材に悪い影響を与えないように、そして床に溜まった雨水が適切に排水されるように床への防水と適切な勾配が必須となります。

雨漏り防止のために防水層と排水のための勾配が大切です

防水されたバルコニーの床に敷石やタイルを敷き詰める際にはご注意を

<ご注意ください!>

防水されたバルコニーの床に、敷石やタイルを敷き詰めてあるお宅をお見掛けしますが敷き詰める際は必ず緩衝材を床との間に挟むようしましょう。敷石やタイルは重くて硬いため防水層を傷つけてしまったり、割ってしまったりする恐れがあるためです。


エアコン室外機の架台や物干しの架台にも同じことが言えます。敷石やタイル同様、重くて硬いものが多いため注意が必要です。

例えばバルコニーを上空から見るとお住まいの外壁から突出した形でスペースが広がっていることが多いですよね。そのスペースは壁によって囲われていますが、建物側を外壁、外側を手すり壁、袖の部分を袖壁と呼んだりします。基本的には外壁と同じ仕上がりになっていることが多く、使用している材料も同じであることが殆どです。そして壁の内側は床(防水層)の立上りと接しており、水切り金物が取り付けられている建物もあります。

手すり壁と袖壁

手すり壁や袖壁の天端(空を向いている部分)に被せてあるのが笠木です。

アルミ製やガルバリウム鋼板製のものが多く出回っており、床や屋根と同じようにお住まいへの雨水の浸入を防ぎ、雨漏りから建物を守る役割も持ちます。この笠木を利用してその上に筒状の手すりが設けてあるタイプもあります。おしゃれな洋風デザインのお住まいであればバルコニーの手すり壁に四角く開口された開口部を設けたデザインのものもあり、この手すり壁開口部にも笠木が使用されております。

笠木と開口部

いかがでしたでしょうか?バルコニーは屋根に見える屋根材や外壁に見える外壁材だけでなく、屋根の役割も持つ床や壁、手すり、笠木など多くの部材で成り立っていることがご理解いただけたことと思います。また雨水から守るためのそれぞれの役割があることもわかりましたね。

これはバルコニーの造りがそれだけ複雑であることを意味し、築年数が経過した際にはそれぞれで必要なメンテナンスを行うことが必須になるということでもあるのです。

バルコニーを構成している箇所別の発生原因と解決策

バルコニーがどのような造りになっているのか?バルコニーが雨漏りを引き起こしやすい理由等についてご理解いただいたところで、次からは「雨漏りの原因」と「解決策」について見ていくようにしましょう。

床(防水層)からの雨漏り原因

バルコニーの床から雨漏りが発生するケースにおいてはやはり「防水層」に問題が起こるケースが殆どです。

「防水層」とは文字通り防水のために施工された塗膜やシートのことで、主流はFRP(エフアールピー)やウレタンといった塗膜による防水層が多く、さらに防水層を守る形でトップコートというコーティング塗料が塗装されています。

(※防水層に塩化ビニールシートやポリマーセメントを使用した防水層も存在します。)


FRPやウレタンを塗布する防水加工が主流です

屋根や外壁などと同じように使用年数の経過により不具合が発生することが多く、次のような流れで雨漏りへと発展するケースが多いと言えます。


雨風や紫外線の影響によりトップコートが劣化

降り注ぐ紫外線や雨風など過酷な環境に晒されているバルコニー、その床の表面には先述の通りトップコートが塗られ防水層を保護していますが、経年によってトップコート自体が劣化をし、保護の役割を果たさなくなります


FRPやウレタンなどの防水層の露出

雨風や紫外線から防水層を保護しているトップコートが剥がれてしまえば、当然その下に施工されている防水層が表面にむき出しになってしまいます。


防水層の劣化が始まり、雨漏りへと発展

大敵である紫外線や雨風に直接、防水層が晒されることによって防水層の劣化が始まります。劣化によってFRPやウレタンなどの主材のひび割れや剥がれ、また傷みが生じてしまう事で防水機能を失ってしまい雨漏りに発展してしまいます。

防水層の劣化によるひびわれ

バルコニーの床が原因箇所となる雨漏りではこのような防水層の劣化や傷みによるものが非常に多いのです。

メンテナンス方法

定期的にトップコートの塗り替えを行い、防水のメインとなるFRPやウレタンといった防水層を守りましょう。トップコートの劣化に気が付かなければトップコートが保護の役割を果たせなくなり、紫外線や雨風による影響で防水層を傷めてしまいます。

ただ「トップコートの傷みなんてわかるの?」というご不安もありますよね。そのため3年~5年という塗り替え目安を覚えておきましょう。


「防水層に劣化・傷みが出てしまった」「雨漏りにまで発展してしまった」といった場合は防水工事を改めてやり直す必要があります。


防水層の劣化には紫外線や雨風が原因となることもありますが、それ以外にも建物の造りや揺れに起因し防水層に傷がつく、割れてしまうといったケースも考えられます。こういった場合も新たに防水工事をやり直す必要があります。

どちらにしても切った張ったの応急処置的な部分補修では根本的な解決にならず、いつか必ず雨漏りへと発展してしまう危険性があるのです。


防水層施工ビフォア
防水層施工アフター


<各種防水工事の耐用年数の目安>

防水工事の寿命をご理解いただくことも雨漏りを未然に防ぐための手段となります。こちらも併せてご覧ください。

防水工事種類
耐用年数
FRP防水
12年~20年程度
ウレタン防水
10年~14年程度
塩ビシート防水
10年~20年程度
※耐用年数は当時の施工状況や環境によって異なります。



外壁、手すり壁、袖壁からの雨漏り原因

手すり壁や袖壁は建物自体に使用されている外壁と同じ仕上がりになっていることが一般的です。よく使用されている外壁材と言えば、窯業系サイディングやモルタル外壁が多いですよね。外壁材別にそれぞれに雨漏りの傾向を見ていきましょう。
窯業系サイディングの場合、サイディングボード同士の継ぎ目(目地)にコーキングが打たれ仕上げてありますが、こちらも経年によって劣化が進み以下のような症状が出てきます。
コーキングの表面の汚れ
表面の汚れ
コーキングの痩せ・硬化
痩せ・硬化
コーキングのひび割れ・亀裂
ひび割れ・亀裂
コーキングの剥がれ
剥がれ
コーキングの剥落
剥落

コーキングにひび割れや亀裂が見られたり、剥がれて隙間ができてしまったり、ボロボロと落ちてきてしまうような状況の場合、そこが原因で雨水の浸入を許しサイディングの内側に入り込みますので、胴縁(どうぶち:外壁の下地)や根太(ねだ:床を貼るための必要な下地)などに雨水が染み込み、下地の腐食を進め建物を弱めるばかりか、下層の天井などに雨漏りとして出てくることになります。


また外壁材自体が劣化し「割れている」「反ってしまって隙間ができている」といった症状から生じた隙間からも雨水の浸入を許し、雨漏りへと発展するケースもあります。


メンテナンス方法

外壁材自体は耐用年数が30年を超える寿命を持ちますが、目地に充填されているコーキングは10年程度で寿命を迎えます。環境にもよりますが5年程度で劣化が始まり、可塑剤(かそざい:コーキングに弾性を持たせる成分)が染み出て汚れが付着する、触ると固くなっているといった劣化が見られます。


非常にわかりやすい形で劣化を確認することができますので、定期的に状態を確認すると同時に、10年程度で打ち替えを行うようにしましょう。

また併せて外壁材の防水性能を維持するために外壁塗装を行うことが理想です。


目地のコーキングの打ち替え工事

ヒビ割れや反りなど外壁材が直接的に傷ついている深刻な状況ですよね。

サイディングの反りが大きくない場合は釘やビスを増し打ちすることで反りを矯正することも可能ですが、余計な力がかかるため新たなヒビを生んでしまったり、割れてしまうリスクもあります。


しかしあくまで応急処置であり長くは持たないということを覚えておく必要があります。根本的な解決には反りや割れが見られる箇所に限り新しい外壁材に交換する、外壁の寿命が迫っているお住まいであれば全体的に外壁の張替えや外壁カバー工法を行うといったことが理想です。


外壁の寿命が迫ってるなら外壁の張替えや外壁カバー工法をおすすめ

モルタル外壁で雨漏りの原因となり得るものが外壁表面に見られるクラック(ひび割れ)です。「ひび割れ」と聞くと「今すぐに雨漏りしてしまうんじゃないか?」と不安になりますよね。しかしクラックといってもすべてのクラックが雨漏り原因になるわけではありません。それではクラックの種類を見てみましょう。


ヘアクラック

髪の毛ほどの細い亀裂(0.3mm以下)で、表面に塗られた塗膜に発生したものであるため雨漏りを誘発する悪質なクラックではありません。


構造クラック

0.3mmを超えるクラックは外壁材自体にひびが入っている可能性がある構造クラックと呼びます。この場合、生じたクラックの隙間から雨水が浸入し、外壁内部に入り込むことで下地の腐食や雨漏りに発展します。

ヘアクラック
構造クラック

メンテナンス方法

外壁材に直接入った構造クラックを補修する際は、まず補修材がごみや汚れで剥がれ落ちないようクラックを清掃したうえで、プライマーを塗り、シーリング材や樹脂モルタルを充填することで補修します。ただし状態によってはグラインダーという機械でクラック面をV字型やU字型にカット(VカットやUカット)し、充分クラック面を広くしたうえで施工を行います。

クラック補修ビフォア
クラック補修アフター
クラックをカットした面にコーキングを隙間無くしっかりと充填します


笠木、手すり壁開口部からの雨漏り原因

笠木(かさぎ)とはバルコニーの手すり壁や袖壁の天端(上側)に被せてある部材のことで、壁内部への雨水の浸入を防ぐ役割を持っています。外に突き出した形で設置されているバルコニーの手すり壁は、直接雨水が打ち付けられる機会も多く、雨漏りの危険性がある場所とも言えますね。


多くのバルコニーは上から見るとコの字型をしていますが、端から端までが一枚の材料で造られてはおらず、アルミ製にしてもガルバリウム鋼板製にしても必ず複数枚の板金を使用し、取り付けてあります。よって継ぎ目が必ずある状態で取り付けてあるということになります。


笠木の継ぎ目

手すり壁が原因箇所となる雨漏りの場合はこの継ぎ目からの雨漏りが最も多く、それを防ぐために専用のバンドやコーキングが充填されることによって防水機能を高めています。

とはいえバンドやコーキングが劣化してしまえば防水機能を失いことになりますから、それだけ雨漏りのリスクが高まることになります。また笠木や手すりを固定するために打ち込まれたビスも、緩みや浮きといった症状が出てくるとその隙間から雨水が浸入しやすくなるため、こちらも雨漏りの原因になりやすいと言えます。


メンテナンス方法

アルミやガルバリウムなど笠木として使用されている素材自体は、改良が重ねられ寿命の長い素材が増えてきましたが、コーキング自体の寿命は先述もしたように環境にもより5年程度で劣化が始まり、ひび割れや剥離といった症状が表れます。もちろんこのような状態では本来の防水機能を維持することはできませんので、10年を目安に打ち替えを行い、継ぎ目からの雨水の浸入を防ぐようにしましょう

コーキングは10年を目安に充填しましょう

変形や破損はもちろんですが、金属製の笠木であれば錆も大敵です。場所柄、雨ざらしになることが多い笠木であればそのリスクがあるのは何となくお分かりいただけるのではないでしょうか。


錆びによる劣化によって穴が空いてしまったといったことがあれば雨水の浸入は容易ですし、被害が広がれば建物自体の寿命に関わる大きな問題です。本来であれば塗装を定期的に行うことによって防水性を維持し、錆から身を守りますが、でに傷んでしまっている、変形や破損が見られるといった場合は交換をお勧めします。
錆によって傷んだ笠木は雨漏り被害前の交換をお勧めします


デリケートな箇所「取り合い」からの雨漏りも多い

上記でご紹介してきた内容以外にも、バルコニーには雨漏りに繋がりやすい箇所が存在します。これは「取合い」と呼ばれるところで、違う材料と違う材料がぶつかっているところのことを言います。


例えば、モルタル壁と笠木がぶつかるところや掃き出し窓枠の下端と防水層の立上りがぶつかるところ、防水層と排水ドレンがぶつかるところなどは雨漏りの原因となりやすい「取合い」です。表層に様々な材料を使用しているということは、それだけ「取合い」が多いことを意味し、雨水が浸入しやすい隙間が生まれやすいのです。

各所取り合いからの雨漏り

この「取合い」への解決策はそれぞれの取合いによって違います。


モルタル壁と笠木の取り合いであれば笠木の交換を行いながらモルタル壁の補修が必要となるでしょう。取合いに対しては最終的にコーキングを打って仕上げることになります。また掃き出し窓枠の下端と防水層の立上りの取り合いであれば隙間にコーキング材を打ち込むだけで解決するケースもあれば、既存の納まりによっては防水層をやり直さなければならないケースもあります。防水層と排水ドレンの取り合いの場合はドレンまわりを改修して防水層を端から端まで全体的にやり直す必要があります。状況によってはドレン自体を新しいものに交換する必要もあります。


いずれにしてもどのような補修方法が望ましいかは私たち「専門店」にご遠慮なくご相談ください


屋根や外壁よりも複雑な絡みが多いバルコニーだからこそ
早めの点検・補修が必要です!

言うまでもなく雨漏りは、経年によって劣化してしまった、外的要因によって不具合を生じてしまったなどバルコニーの「どこか」に不具合が発生したことにより起こります。

そしてその「どこか」は屋根や外壁と比べて複雑な絡みが多い分、原因となり得る箇所が多いというのが特徴です。

バルコニーには雨漏り原因となり得る箇所が多い

見ていただいた通りですが、バルコニーは屋根や外壁と比べて多くの材料が表層に使用されていましたね。それゆえ例えば手すり壁や袖壁に原因があり、手すり壁や袖壁を直す際に原因ではない笠木まで交換が必要になったりするケースがあるなど、一箇所直そうとするとそこだけでは済まず別の箇所の補修も必要となるケースも多いのがバルコニーの雨漏りの特徴です。


当然費用面で言えば、1箇所の雨漏りで2箇所直さなければならない場合に余計な費用がかかってしまうことを意味してしまいますよね。繰り返しになりますがバルコニーはそれだけ造りも仕様も複雑だという事なのです。雨漏りは、前もったメンテナンスを定期的に行っていれば防げる現象です。雨漏りを未然に防ぐための定期的なメンテナンスはもちろんですが、万が一起こってしまった際の雨漏り修理についても私たちに相談ください。

無料点検
アイコンバルコニーは雨漏りの原因となり得る箇所が多く、実際に雨漏り発生件数の多い箇所です。早めのメンテナンス、雨漏りが起こってしまった場合もアメピタの雨漏り無料点検をご利用ください。 ≫ 

バルコニーからの雨漏りの発生原因と解決策・補修方法まとめ


雨に晒されやすいバルコニーは住まいの中でも雨漏りが発生しやすい場所です

バルコニーは防水層である床、手すり、外壁、笠木など多くの部材で作られており各所で雨漏りの原因と解決策が異なります

床(防水層)からの雨漏りを防ぐためトップコートの塗り替えを3年~5年を目安に塗り替えましょう

防水層自体に劣化や傷みが見られる場合は新たな防水工事が必要となります

壁に打ち付けられているコーキングは10年を目安に打ち替えることで外壁内部への雨水の浸入を防ぎましょう

外壁材の割れや反りに対する対処としては不具合箇所の部分的な外壁材の交換や寿命が迫っている外壁であれば張替えやカバー工事を行う事がお勧めです

モルタル外壁であれば幅0.3mm以上の構造クラックはシーリング材やモルタル樹脂を充填することでクラックを埋め、雨水の浸入を防ぎます

手すり壁の天端に取り付けれている笠木も雨漏りの原因となりやすい箇所の一つです。定期的なコーキング打ち替えや状況に応じて交換による補修が必要となります

様々な部材によって成り立っているバルコニーでは「取り合い」が多く、そこからの雨水浸入も雨漏り原因の一つとなります

ご希望日で無料点検を依頼
  • 〒郵便番号
  • ご希望日
点検調査・修理をご検討中の方総合受付
全国対応 最短即日対応
【受付時間】8:00~20:00
点検・お見積り・修理の受付はこちら
0120-991-887
点検調査・お見積もりはいつでも無料です。
0120-991-887
点検調査・修理をご検討中の方総合受付
全国対応 最短即日対応
【受付時間】8:00~20:00
点検・修理の受付はこちら
0120-991-887
こちらをタップしていただくと
電話がかかります
雨漏り修理はアメピタ、点検調査・お見積り無料
8:00~20:00受付中
0120-991-887