雨漏り補修後の内装工事もお任せください

雨漏り発見、内装工事もお任せ下さい

毎日同じお住まいで同じ生活を繰り返し、ふと天井を見ると雨染みが…

いつから雨染みがあったのだろう?毎日目に入る場所だし早く補修したい!と頭を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


毎日キッチンに立つお母さん、リビングでくつろぐお父さん、自分の部屋を手に入れたお子さん等、皆さんそれぞれにお住まいの中に特別な空間があることでしょう。

そんな大事な空間に雨染みがある雨染みが黒ずんできているクロスの剥がれが酷くなった、このような状態が続いてしまえばせっかくのお気に入りのスペースも台無しです。


しかし内装補修を検討した際に、壁紙はクロス屋さん?天井は大工さん?お風呂は電気屋さん?水道屋さん?等どの業者に依頼すれば良いのか分からないといった方も多いのではないでしょうか?

そこでこのページでは、そもそも何故内装に雨染みが出来てしまうのか、また内装工事を行う際の注意点と補修方法をご紹介したいと思います。内装工事は生活をしながら行っていくケースがほとんどですので、不安・心配に思う事、気になっている事は多いかと思います。

ぜひこのページをご覧の上で不安を解消し、内装工事に取り組んでいきましょう。

【動画で確認「雨漏り後の室内のリフォーム」】
長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください!
 ↓ ↓ ↓
【動画で確認「雨漏り後の室内のリフォーム」】
長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。
動画で見たいという方は是非ご覧ください!


内装補修を行う前に必ずご覧ください

そもそも天井や壁に雨染みが出来るという事は、お住まいのどこからかで雨漏りが起きていることが分かりますよね?

屋根外壁塗装を行ったのに、築年数が浅いのに…等不可解な事に悩まれている方も多いでしょう。


しかし塗装は屋根材や外壁材の経年劣化を防ぐ為のメンテナンスであり、雨水の浸入を防いでいる最大の要である防水紙や透湿防水シートを補修・保護している訳ではありません。つまり経年劣化によりいずれはカバー工法・葺き替え・張替等で内部から補修していかなければなりません。築年数の浅いお住まいで雨漏りが発生するのは施工不良が挙げられますが、このようにどのお住まいであっても雨漏りを起こす可能性を秘めているのです。
どんなお住まいであっても雨漏りを起こす可能性を秘めています


これらの原因で雨漏りが起きてしまうのですが、雨漏りに気づくきっかけは天井や窓枠が濡れているなど室内で発生する不具合ですよね?

見栄えが悪いから、被害の拡大を止めたいから「内装を補修したい!」と考える方は多いでしょう。


しかし待ってください!雨漏りが雨染みの根本的な原因ですので、雨漏りの原因を特定し補修しなければ補修した内装にまた雨染みが出来てしまいます。外装材の不具合を防水テープ等で応急措置した程度では内装工事を行えないという事です。

日々目にする内装が最も補修したい部分ですが、必ず屋根や外壁・防水をしっかり補修し、完全に雨漏りが改善されたことを確認してから内装工事に取り組みましょう
内装工事前に必ず雨漏りの原因となっている箇所を特定しましょう

雨漏りを発見したきっかけ

では雨漏り・内装補修の経験がある皆さんが何をきっかけに雨漏りを発見したのか、被害状況別にご紹介したいと思います。

この内装や雨漏りの様子から原因や被害の大きさを判断することが出来ますので、ぜひ参考にしてみてください。

急に雨漏りが発生した場合

今まで問題なかったのに急に雨水がポタポタと落ちてくる天井材の上に雨水が溜まっていることが確認できるなどの場合、台風や地震等大きな自然災害により屋根材・外壁材が破損してしまっている可能性があります。

どうしよう!?と非常に焦る事態ですが、実はこのケースが一番構造や内装に対しての被害が軽い可能性があります。自然災害が原因によって雨漏りを起こしてしまった場合は、発生箇所だけでなく、内装補修にも火災保険が適用されますので落ち着いて申請手続きを行いましょう。
急な雨漏り発生時は被災により屋根材や外壁が破損してしまっている可能性があります
火災保険で直す雨漏り修理
アイコン新築の際に8割以上のお宅が加入している「火災保険」。実は台風・強風・落雷・雪・雹などによるお住まいの被害にも対応できることをご存じですか?申請方法などは火災保険で直す雨漏り修理をご覧下さい。 
気がついたら雨染みが出来ていた場合

あれ?いつから雨染みが出来ていたのだろう?被害はそれほど見られないけど…実はこの状態が一番危険な雨漏りのケースです。


おそらく外装材が経年劣化したことで、じわじわと雨水が染み込んでいるため、被害が表れる速度は遅いのですが、内装材に到達するまでに構造材・下地材を濡らしているのです。何度も繰り返していれば目に見えない場所で、カビの発生や構造木材を腐食させてしまう可能性が非常に高くなります。


つまり雨漏りが改善できたとしても構造材や下地の補修を行ってから内装の仕上げ補修を行わなければならず施工費用もかかってしまいます。屋根や外壁のカバー工法は工期も短く費用も抑えられますが、下地の吸水・腐食が著しい場合はカビや湿気で内部が更に傷んでしまいますので、葺き替えや張替等で下地からの改善を検討しましょう。
内装工事の前に構造材や下地の補修が必要になる可能性もあります

ある条件で雨漏りが発見できる場合

いつも発生するわけではないけど風が強い日に限って雨漏りを起こしてしまう等、条件が揃った時に雨漏りを起こすケースもあります。この場合は外壁や下屋など、日常生活では雨水が当たりにくい場所が傷んでいると考えられます。

実はこのケースは条件が揃っているにも関わらず雨漏りを起こさない日もある為、発見も補修も一番難しくなります


また毎回雨漏りを起こすわけではないため、お客様自身も緊急性が低いと考えがちですので、補修を行う頃には下地構造が腐食している可能性も高くなり、結果として内装工事が必要になってしまいます。雨漏りは内装に出来た雨染みと同じ高さかそれよりも上で起こっていますので、外壁とサッシどちらに問題があるのかを判断することが出来ます。

災害時に雨漏りを起こす場合、下地や構造材が劣化している可能性もあります

雨漏り箇所の原因特定

内装に雨染みが出来てしまった場合はまず雨漏りの原因を特定しなければなりません。ここからは雨漏り原因箇所の発見方法をご紹介しますが、補修するつもりであらかじめ内装補修費用も含めたお見積りをしてもらうと余計な費用の心配もなく安心ですね。
現地調査

雨漏りが起きてしまった場合、まず現地調査にて、屋根材に割れが無いか、外壁目地に肉痩せや亀裂が無いか等の確認をします。

天井材に雨染みがある場合は小屋裏で雨水の浸入口を確認することもございますが、押入等に点検口がない場合は天井に点検口を作成させていただきますので点検時に工事の必要性を判断させていただきます。


現地調査では、内装に雨染みが出来た箇所の想定はできますが断定できるケースは少なく、散水試験や内装材を剥がした点検等も必要になる可能性があります。

雨漏り箇所特定のための屋根の現地調査の様子

雨漏り箇所特定のための軒の現地調査の様子

雨漏り箇所特定のための外壁の現地調査の様子

散水試験

現地調査で雨漏りが発見できなかった場合、補修範囲を限定したい場合は散水試験で雨水の浸入口を発見します。これは屋外から水をかけることで降雨を再現し、室内で雨漏りを確認する必要がある為スタッフ2人でお伺いしますが、高い確率で雨漏りの原因を発見することが出来ます。

散水試験の様子

外壁材・内装材を剥がした目視点検


補修工事を行うことが前提にはなりますが、雨漏りの原因と内部構造の腐食をまとめて確認することが出来ます。濡れている木材や防水シートを確認するだけで雨漏りの原因が分かる為、何よりも確実な調査・補修方法になります。この場合も外装補修を行って雨漏りが改善されたことを確認してから内装の復旧工事にあたりましょう。

外壁材・内装材を剥がした目視点検

内装工事を行う際に感じる疑問・不安

雨漏り箇所を発見し屋根材や外壁材の補修がようやく済んだ!さて、内装補修を行おうと検討された際にも、気になる事はたくさんあるかと思います。

そこで実際に内装補修をご検討されている方にいただいたご質問やご相談にあわせてお答えさせていただきたいと思います。

工事中は在宅していなければならないの?
内装補修中はご在宅いただく必要があります。
極力短時間で終わらせますが、内装補修を行っている間は在宅していただく必要があります。外出の予定がある場合は調整が可能ですが、工事に数日かかる場合はまとめて補修工事をされた方がお客様のご負担も軽減できるかと思いますので、ご協力の程宜しくお願い致します。
吹き抜けなど高い場所の内装を補修する場合はどうするの?
室内用足場を用いて作業します。(足場費用が掛かります)
2階室内を作成せずに吹き抜けになっているお住まいもありますよね?すると施工箇所が非常に高くなり脚立では工事出来ませんので、室内用足場を用いて工事を行っていきます。天窓(トップライト)から雨漏りを起こしている場合や、天窓撤去をご検討される場合には足場が必要になるケースが多いですので足場費用が掛かるのかを確認しておくと安心ですね。足場を仮設した際に高所の照明器具を交換しておくのも良いでしょう。
家具などの移動をしなければならないの?
場合によっては必要です。移動はスタッフがお手伝いいたします。
工事箇所により荷物や家具を養生で覆うことも出来ますが、工事の為に移動しなければならない家具もございますので点検時に確認させていただきます。お客様自身で移動できないほど大きく重い家具は、弊社のスタッフが移動をお手伝い致しますのでお気軽にご相談ください。
工事中の埃が気になります
細心の注意を払い作業いたします。作業後は毎日清掃を行います。
天井材やクロスの張り替えに伴いどうしても埃が舞ってしまいます。工事中は他の部屋へ埃やゴミが飛ばないよう部屋を閉め切って作業を行いますが、弊社では毎日綺麗に清掃を行い終了させますのでご安心ください
内装補修にあわせて行っておいた方が良い工事はある?
断熱材の入れ替えやシロアリ対策をお勧めします。
天井材やクロスの張り替えを行うだけで内装は綺麗に仕上がります
しかし更に快適な室内を保つ為に天井材やクロスの張り替え時に断熱材の入れ替えや、床(フローリングやCF)張替時にシロアリ点検や駆除作業もご検討ください。雨漏りを起こしていたお住まいは構造木材も濡れておりシロアリを引き寄せる原因になってしまいますので、今後トラブルを起こしかねない箇所は内装を補修するタイミングで対策をしておきましょう。
内装補修と同時にトイレ・ユニットバス・キッチンの交換を検討したい
工事日数が伸びますので、慎重にスケジュールを組む必要があります。
内装補修に加えて間取りの変更や水まわりの交換をご検討される方もいらっしゃるでしょう。しかしトイレやキッチンなどの水まわりは、クロス等の仕上げ材よりも生活に欠かせない設備ですので、工事日数をしっかり把握し、工事中の対策を検討しなければなりません

ちなみにトイレの交換は1~2日程度、ユニットバスからユニットバスの交換は2~4日程度(在来浴室からユニットバスへの交換は7~14日程度)、キッチンの交換は2~7日程度かかります。配管の状況・劣化次第で工期が延びる可能性もありますが、既存設備を撤去してからでないと見当もつきません。この間生活に大きな支障が出ますので工事をスタートさせるタイミングも非常に重要になります。

内装補修と水まわりの交換を同時に行う場合は慎重に予定を組んでいきましょう。
内装補修の概算費用を知りたい
使用材料や補修内容によって変わるので、2~3社に見積を依頼しましょう。
内装補修を行う際にどの程度費用がかかるのかは非常に気になる所ですよね?

クロス張り替えは1200~/㎡等おおよその施工単価が紹介されていますが、一般的なクロスを使用するのか、耐久性・機能性・デザイン性に優れたタイプを使用するのかによって施工単価は変わります。また下地補修が必要な場合は別途費用がかかりますので、一度お住まいの状況とお客様のご希望をお伺いする必要があります。

施工範囲やクロスの種類によってはエアコンの脱着が必要になる事もありますので、前もって確認をしておかなければなりません。重ね張りが出来ないフローリングは張り替えなければなりませんので費用も掛かります。
このように内装を補修する前にはチェックポイントがたくさんありますので2~3社に現地調査を依頼した上で適正価格を把握しましょう

内装補修は一業者に任せられると安心!

内装補修は大工・クロス業者・水道業者・電気業者・ガス会社等さまざまな専門家が施工工程を考えながら作業を進めていく必要があります。ご自身でそれぞれ手配する事も出来ますが、一つの作業が止まると工期はどんどん延び、お客様自身のストレスも生活への負担も大きくなってしまいます。


内装補修に最もオススメな業者の選び方は、雨漏り補修と併せて内装工事を同時に依頼できるリフォーム会社です。この場合は一度工事を依頼した時点で業者が工程に合わせ作業予定を組みタイトなスケジュールで内装を仕上げる事が出来ます。そして冒頭に話した通り雨漏りを起こしている場合は、外装補修も行わなければなりませんのでお住まい全体に精通した業者に依頼するとなお安心ですね。

弊社はまさに外装・内装補修の経験が多いですので、お住まいの状態とお客様のご希望に合わせた工事をご提案することが可能です。点検・お見積りは無料ですのでお気軽にご相談ください。

雨漏り修理は内装工事が伴うケースもあるため、一度に依頼できる業者をお選びください

内装補修に関するまとめ


雨漏りを起こしてしまっている場合、内装よりもまず外装を補修し雨漏りを改善しなければなりません

急に雨漏りが発生した場合は自然災害によって外装材が破損した可能性がありますので、外装・内装補修に火災保険の活用も検討しましょう

以前から内装に雨染みがある場合は住宅構造が腐食している恐れもあります。内装材だけでなく内部構造の補修も視野にいれておきましょう

たまにしか雨漏りしない、そんな状態でも雨水は住宅内部に入り続けています。適切な調査で雨漏りの原因を特定しなければなりません

現地調査時に雨水の浸入口を確認するために点検口を作成するケースもあります

降雨を再現する散水試験は雨漏りの原因を特定するために有効的な調査方法です

補修を行う事を前提に外装材・内装材を剥がして雨漏りの原因を調査することも出来ます

内装補修は生活空間での工事ですので心配点・不安点は多いかと思いますが、工事日数を明確にして適切な対処をしていきます

内装補修費用は使用材料や施工範囲によって異なりますので、数社で見積もりを取り適正価格を把握しましょう

内装工事をスムーズに終わらせるには様々な業者が工程に合わせ動いていく必要がありますので、総合リフォーム業者への依頼がお奨めです

ご希望日で無料点検を依頼
  • 〒郵便番号
  • ご希望日
点検調査・修理をご検討中の方総合受付
全国対応 最短即日対応
【受付時間】8:30~20:00
総合受付
0120-991-887
雨漏り調査・お見積りはいつでも無料です。
0120-991-887
点検調査・修理をご検討中の方総合受付
全国対応!最短即日対応!無料点検のご依頼はお電話でも承っております
【受付時間】8:30~20:00
総合受付
0120-991-887
こちらをタップしていただくと
電話がかかります
雨漏り修理はアメピタ、点検調査・お見積り無料
8:30~20:00受付中
0120-991-887