雨漏り修理のご相談・ご依頼が初めての方へ

雨漏り修理初めてのご依頼、ご相談

「突然の雨漏り発生!」でも、まずは落ち着いてください。


急に室内に水滴が落ちてきたら、「全く予想もしていないタイミング」で「予想もしていない事」で誰でもビックリして慌ててしまいますよね。

雨漏り被害が初めてだと「家がどんなことになっているんだろう?」と今起こっている現象を瞬時に理解することができず不安が増すばかりだと思います。


でもどうかご安心ください。雨漏りが発生することですぐに建物に大きな損害が発生することはありません。またきちんとした対処をすることで解決に導くことができますのでどうかご安心いただきたいと思います


では雨漏りが起こったらどうしたらよいのでしょうか?

まずは「①雨漏りが直せる専門業者にご連絡」するようにしましょう。そして被害を最小に防ぐよう「②ご自身でできる簡易的な対処」を実践していただけたらと思います。


過去に経験がある方であれば「知り合いの業者に連絡する」「被害が拡大しないようできることをする」など雨漏り発覚後やるべきことについてある程度把握されていらっしゃる方もいるかもしれません。しかし初めての雨漏りとなるとなかなかそうはいきませんよね。こちらのページでは雨漏り修理を初めてご依頼する方に向けて電話のかけ方から雨漏り発生時の注意点などを解説していきます。

雨漏り専門業者にご連絡し、調査・点検を依頼しましょう

雨漏りを解決するにあたっては、その原因を調査する必要があります。外装工事の中でも難易度が高い雨漏り修理は原因を間違えると解決に至らなかったり、修理をしても再発を繰り返してしまったりといったこともあり得ます。そのためまずはお見積りや工事の前に調査・点検を行い、「原因が何か?」「どういった工事が必要か?」を判断する必要があります。


そのためお客様側ではまず雨漏りを発見したら「雨漏り専門業者」に電話・メールにて雨漏りの調査を依頼するようにしましょう。

調査・点検を依頼する際の「電話のかけ方」はこれで大丈夫!

雨漏りに限らず、業者に電話することに慣れていらっしゃるという方は少ないでしょうから「どうやって電話したらいいの?」「うまく伝わるかな?」と不安ですよね。特に初めて電話をかける相手ですから「最初に何を言えばいいの?」「何を聞かれるの?」などわかりませんものね。そういう方のために受付時はこういった形でお電話くださいというシミュレーションをいたしましたのでご参考になさってください。

雨漏り修理専門アメピタ電話受付
 お電話ありがとうございます”街の屋根やさんアメピタ”でございます。

雨漏りに悩むお客様
 雨漏りしてるんですが、点検ってお願いできますか?

雨漏り修理専門アメピタ電話受付 かしこまりました、もちろん大丈夫です。ちなみに雨漏りはいつからされていらっしゃいますでしょうか?


雨漏りに悩むお客様
 先日の雨の日に突然始まったんです。

雨漏り修理専門アメピタ電話受付 そうなのですね、ご心配ですよね。具体的に雨漏りしている場所はお分かりになりますか?


雨漏りに悩むお客様
 一階の和室の天井です。

雨漏り修理専門アメピタ電話受付 和室の天井ですね。もし雨水が落ちてきているような場合はバケツを置いて、底に雑巾や使わなくなった布を敷き、落ちてくる雨水が床や畳に飛び散らないようにしてあげてください。


雨漏りに悩むお客様
 わかりました。

雨漏り修理専門アメピタ電話受付 もし水滴が止まらないようでしたら、こまめに変えてあげていただけたらと思います。それでは担当のスタッフより折り返しご連絡させていただき点検にお伺いさせていただけたらと思いますのでお客様のお名前とお電話番号とご住所をお伺いできますか?


雨漏りに悩むお客様
 佐藤花子と言います。電話番号は03-●●●●-●●●●で、住所は品川区西五反田××××です。

雨漏り修理専門アメピタ電話受付 ありがとうございます。それでは30分~60分以内にはご連絡させていただきます。その際に思い出したことや気になることがございましたら些細なことでもご相談くださいね


雨漏りに悩むお客様
 はい、わかりました。

雨漏り修理専門アメピタ電話受付
 それでは私、羽鳥が承りました。失礼いたします。


まずは「雨漏りの点検を依頼したい」とお伝えください。

雨漏りが「いつから始まったのか?」「どこでしているのか?」をお聞きします。

情報がもし間違っていても問題ありません。点検スタッフがお伺いして状況を確認したうえでお客様にもしっかりとお伝えいたします。

お客様のほうで気になる点がありましたら何なりとお話しください。

点検にお伺いするにあたってお客様のご氏名・ご連絡先・ご住所をお伺いいたします

雨水の滴りがある場合はまず被害が出ないよう対処をしていただいくことをお勧めします。
ご自身でできる雨漏り対処法を見る>>

例えば私たちアメピタでは年間で一万を超えるお客様よりお問合せをいただいております。お客様が「何を伝えたらいいかわからない」場合でも私たちから必要なご質問をさせていただきますのでわかる範囲でお答えください


また「うまく伝えられるかな?」という方もご安心くださいね。専門用語を使っていただく必要もございません。お客様のお言葉でお話しください。

多くの雨漏り現場を拝見させていただいております経験から大まかな情報で状態を予想することもできますし、現場を拝見させていただくことで状況を正確に把握させていただくことも可能です。


まずはお気軽に「雨漏り調査のご依頼」とお電話くださいね。アメピタでは調査・点検は無料で実施させていただいております

雨漏り修理の無料点検の詳細はこちら


お問合せ前の気になるQ&A

一度電話するとしつこく営業されそう
お客様の迷惑になることは致しませんのでご安心ください。

雨漏り修理やリフォームに限らず「しつこい営業に悩まされた」という経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな経験があると電話することに対して二の足を踏んでしまいますよね。また飛び込み営業や悪徳業者が時に世間の注目を浴びてしまう建築・リフォーム業界ですから「なんだか怖い」と思ってしまっても無理はないかもしれません。

ただご安心いただきたいのは私たちアメピタでは地域密着で工事をさせていただいております。飛び込み営業の会社とは違い地元に根付いて商売をさせていただいておりますのでお客様とは末永くお付き合いさせていただきたいと考えております。当然お客様が迷惑と感じるようなことはいたしません


ただどうしてもご心配という方もいらっしゃると思います。そういう場合は非通知でお電話いただいて大丈夫です。またご相談だけなら匿名でも問題はありません

そもそも口下手なので電話するのが苦手で…
電話が苦手な場合はメールにてご相談いただくことができますのでご安心ください

またその際には「ご希望の点検希望日」「いつから雨漏りしたのか?」「どこが雨漏りしているのか?」等についてご記入いただく箇所がございますのでご記入いただけたらと思います。

メールでのお問合せはこちら>>
新築してくれた会社がなくなってしまっていて、そういうケースでも大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。気兼ねなくお問合せください。

実はこのようなケースは実際にあり得るケースなのです。中小企業庁の発表によると残念なことに2007年から2015年までの間で最も休廃業の多かった業種は建設業という発表もあります。万が一新築をお願いした会社がなくなっていたとしても雨漏り修理をする上では問題はありませんのでご安心ください。

電話で上手にすべてを伝えられるかわからない…
分からないことや不確かなことがあっても大丈夫です。
被害状況の把握については私たちが現場にお伺いした際にお住まい全体を調査し、きちんと現状を把握いたしますので問題ございません。また電話で伝え忘れたことがあった場合でも点検でお伺いした際にご遠慮なくお話しくださいね

雨漏り被害を広げないために!ご自身でできる簡易的な対処

では次に、これ以上被害を広げないためにご自身でできる簡単な対処法をご紹介させていただきます。


おこなっていただきたいのは、滴ってきた水により室内にある物が影響を受けないようにすることです。室内のクロスや家具・電化製品など水への抵抗が弱いものも多く、滴ってきた雨水によって「不具合が発生してしまった」「使えなくなってしまった」といったことを防がなくてはいけませんよね。そのため室内に置いてあるものが濡れてしまわないように最善を尽くしましょう。
タオルやバケツを使った雨漏り応急処置
電化製品はビニールでカバーするなど応急処置が必要
雨水の被害に遭わないよう滴ってくる雨水付近にある家具や家電、書類などを避難させましょう。
紙類は一度濡れてしまうと元に戻らない可能性が高く、乾かしても読めなくなってしまったり、染みが残ってしまったり、破れたりするため特に注意が必要です。

水滴が落ちてくる地点にバケツを置いて水滴をバケツが受けるようにしてください。
その際雨水がはねないよう、バケツの底に雑巾や使わなくなった布、さらに新聞紙等を周囲に敷いていただけると雨水の飛び跳ねによる被害を防ぐことができます。
バケツに雑巾を敷いて雨漏りを受け止めましょう
窓周辺からの雨漏りの場合はカーテンを取り外す、短くまとめるなど濡れないようにしましょう。
雑巾や使わなくなった布、ペットシーツなど吸水性のあるもので雨水が広がらないよう吸収してあげてください。
ペットシーツを使った雨漏り応急処置
手の届く範囲で雨漏りの原因を作っている不具合箇所があればブルーシートやビニールでカバーし、雨天に備えましょう。
屋根や手の届かない高所での作業は大変危険です。落下等によって別の被害を生まないためにもくれぐれも手の届く範囲で行うようにしてください。
ブルーシートによる屋根の雨養生

ご自身でできる雨漏り応急処置の詳細はこちら


雨漏り発生時の注意点

雨漏りが発生した際の注意点ですが、まずは大前提として必ず専門業者に見ていただき、直してもらうということを第一選択としてご検討ください。あくまでもご自身で行う現状確認や簡易的な対処はお住まいの中や手の届く範囲で行いましょう。突然起こった雨漏りに「一刻も早く」という気持ちになることは重々承知しておりますが取返しの付かない事態を避けるためにも危険は避けるようにしていただきたいと思います。

屋根の上や2階部分の外壁などの高いところは、先述もしましたが特に注意が必要です。屋根の上での作業が慣れている方であっても落下するという事故がたびたび発生するほどですから慣れていない方が屋根の上に上がられるのはとても危険ということはお分かりいただけますよね。


特に雨上がりや雨天中など濡れた屋根面には私たち専門業者でも危険回避のために上がることは控えます。また濡れていない屋根面であっても屋根材表面の劣化具合によっては滑ることもあるため確認してから上がるといった注意が必要となるのです。

専門業者による屋根の点検

「二階の屋根はさすがに無理でも、一階の屋根であれば…」と思っている方はいらっしゃいませんか?もしいらっしゃったらこちらもやはり危険ですのでお控えください。


屋根の上が危険ということもありますが屋根に上るための梯子も慣れていない場合大変危険です。まず梯子自体がたわみますのでとても不安定になります。さらに風を受けての横方向への揺れなどは倒れる危険性が高くさらに危険です。慣れている方であれば横方向への揺れをコントロールできても、慣れていない方の場合コントロールが難しく万が一倒れてしまった場合は…と考えるとゾッとしてしまいますよね。
梯子も慣れていないと危険です

手の届く場所で雨漏りの原因となっていそうな場所をご自身で補修される方がいらっしゃいますが、その行為も気をつけなければなりません。 DIYによる間違った補修が余計は費用や時間を無駄に浪費してしまったり、新たな雨漏りの原因を作ってしまう事もあります。


お住まいの構造や雨漏りのメカニズム、使用するべき建材・補修材への理解がある専門業者に依頼することで確実・最短な解決策を導きだしていただくことが可能となります。「どうしても気になってしまってご自身で」という気持ちも決してわからなくはありません。しかしそれによって怪我をしてしまった、逆に雨漏りの真の原因を特定するための障害になってしまったということもあり得てしまうのです。ここはひとまず先に私たち専門業者に調査のご依頼やご相談をいただけたらと思います。

屋根工事のいDIY

雨漏りは「放置してしまうこと」がもっともよくないこと

雨が降って突然始まった雨漏りも、雨が止めば滴ってくる雨水も止まり、何となく「被害が止んだ」と勘違いしてしまいがちです。確かに「雨水の滴りが止まった」「雨染みの広がりがおさまった」「雨漏り被害箇所も乾いて元通りになった」など、雨が降って慌ててしまった雨漏り当日を思い出せばホッとしてしまって「もう大丈夫かな」と思ってしまう方もいらっしゃるのも当然ですよね。


しかし雨漏りの原因となった箇所はいまだにそのままの状態だということには注意が必要です。確かに雨が降らなければ普段通りの生活ができますよね。しばらく雨が降らなければもしかしたら雨漏りしていた事実なんて忘れてしまうかもしれません。ただまた雨が降れば…。

雨漏りを作った原因が放置されていたわけですから再度雨漏りが起こる可能性は高いわけですね。確かに表面として見えているのは「雨染み」や「雨水のしずく」だけかもしれませんが、屋根や外壁などを通り抜けて浸入してきた雨水が柱や梁を濡らしながらポタポタと徐々に被害を広げながら室内にまで到達してきたのですから見えない部分で被害や腐食を進めてしまっている可能性もあるのです。

雨漏りによる下地の腐食

確かに雨漏りは発生することですぐに建物に大きな損害が発生することはありません。木造の建物ならば確かに木材に雨水が染みてしまうことも考えられますが、雨漏りが発生した後にしっかりとその雨漏りに対処すればすぐに腐食してくることはありません。

鉄骨造の建物でも同様に、雨漏りが発生した後にしっかりとその雨漏りに対処すれば大きな影響は出てきません。だからと言って「すぐに大きな被害がでないから」と油断してしまい「放置してしまうこと」が最もしてはいけないことです。

放置してしまうと雨が降る度に雨漏りしているところに雨水が通るため繰り返し建築資材が染みて濡れることに繋がります。この「放置」「繰り返し」というのが腐食や傷み、錆びといった現象に繋がってしまいます。腐食や錆びといった現象が起こると、修理の際に費用が余計にかかってしまうケースも非常に多く、雨漏りに気が付いたときに直しておけば、やらなくても良かった工事をしなくてはいけない必要が出てきてしまうのです。

雨漏り放置によって大規模な工事に発展してしまった事例

屋根からの雨漏りを放置してしまったことで、本来は屋根葺き替え工事だけで雨漏りが解消するはずが屋根を構築している木材を補強したり交換する工事を行わなければならなくなってしまった
雨漏りによる下地の腐食
外壁からの雨漏りを放置してしまったことで、本来は部分補修を行い、その後外壁塗装工事だけで雨漏りが解消するはずが外壁材の交換工事さらには外壁を構築している木材を補強したり交換する工事を行わなければならなくなってしまった
外壁下地の腐食
バルコニーからの雨漏りを放置してしまったことで本来は笠木だけを交換すれば解消するはずが、バルコニーその物を全て作り直す工事を行わなくてはならなくなってしまった
バルコニーの下地腐食
上記のように雨漏りの原因となったお住まいの外装部分はもちろんですが、放置してしまうことで室内にも被害範囲が広くなってしまいますよね。当然室内も被害が少ない状態で修理を行うのと拡大してしまった後では費用面にも大きな違いが出てきます。雨漏りが発生して良いことは一つもありません。「見つけたら即連絡」を心がけてくださいね

雨漏り専門業者アメピタなら最短即日・応急処置もお任せください!

「雨漏りの原因がどこにあるかわからない…」

こんな場合は「屋根やさんに電話するべきなの?瓦やさん?それとも外壁塗装やさん?」と初めてだとどこに電話をかけていいかわからないという方もきっといらっしゃいますよね。

確かに世の中には瓦やさんもいれば、外壁塗装やさん、板金やさんなど様々な職人さんがいて、専門もそれぞれ全然違います。雨漏りは先述の通り原因究明が大切ですからそれを正確に判断できる業者に依頼する必要があります。


こんなことを言ってしまうと「なんだか難しい…」と尻込みしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんよね。でもどうかご安心ください。アメピタは雨漏り修理の専門です。屋根や外壁など専門のスタッフが雨漏りの原因を調査し・必要な工事のご提案とお見積りをさせていただいております。雨漏りならどんなことでも私たちにご相談ください
無料点検
アイコンアメピタでは経験豊富な専門スタッフがお客様のお話をお伺いいたします。分からないことがあったり、情報が間違っていても問題ありません。メールでのご依頼も承っております。アメピタの雨漏り無料点検について詳しくはこちら。 

雨漏り修理のご相談・ご依頼が初めての方へまとめ


雨漏り修理をご検討している方はまずは「雨漏りの点検を依頼したい」とお電話ください

お問合せの際は雨漏りが「いつ始まったか?」「どこでしているか?」をお知らせください

電話でのご相談・ご依頼に不安がある方はメールでお問合せください

雨漏りが始まった際は「室内の家具や家電を避難する」「水滴はバケツに雑巾(布)を敷いて受ける」「窓からの雨漏りの場合はカーテンを取り外す(短くまとめる)」「ブルーシート等による応急処置は手の届く範囲に限り行う」などご自身でできる対処法を実践しましょう

雨漏り発生時は、ご自身で高所に上り作業をするといったことは危険ですのでお控えください

雨漏りの放置は被害をどんどん進めてしまう可能性があります。発見したら専門業者にすぐご相談するようにしましょう

ご希望日で無料点検を依頼
  • 〒郵便番号
  • ご希望日
点検調査・修理をご検討中の方総合受付
全国対応 最短即日対応
【受付時間】8:30~20:00
総合受付
0120-991-887
雨漏り調査・お見積りはいつでも無料です。
0120-991-887
点検調査・修理をご検討中の方総合受付
全国対応!最短即日対応!無料点検のご依頼はお電話でも承っております
【受付時間】8:30~20:00
総合受付
0120-991-887
こちらをタップしていただくと
電話がかかります
雨漏り修理はアメピタ、点検調査・お見積り無料
8:30~20:00受付中
0120-991-887